僕の母親を抱かせてやるから、君の母さんをヤラせてくれ。 滝沢さゆり 藤沢芳恵


数年振りに、親戚一同の集まりがあった。長男・タカアキの呼びかけで、実家に帰省した。次女・さゆりは旦那と息子・マサヨシを連れ、長女・芳恵は息子・ケンを連れてきた。そして、荷物をもった芳恵とケンは、元気が無く終始挙動不審であった。それに気付く芳恵は、ためらうこと無くケンのイチモツをしゃぶり始めた。一方その頃、旦那との実家一発目の営みが不完全なまま終わったにもかかわらず、旦那はタカアキと飲みに行ってしまって欲求不満なままになってしまった、さゆり。彼女はついに、マサヨシの股間に手を伸ばしたのだった…。
“僕の母親を抱かせてやるから、君の母さんをヤラせてくれ。 滝沢さゆり 藤沢芳恵” の続きを読む